FC2ブログ

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

「ONE TEAM(ワンチーム)」が限界突破の力

  • Post on 2019.12.09 15:05
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今年の新語・流行語大賞には、ラグビーW杯・日本代表のスローガンだった「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれた。
ラグビーは「知られざるスポーツ」といわれていたが、W杯以来、国をあげての熱狂的なファンが増えた。
それは「ONE TEAM(ワンチーム)」の快進撃にあった。
誰もが負けると思うゲームに次から次へと勝利。
まさに不可能を可能にしたドラマであった。
その原動力は、皆の心を一つにした「ONE TEAM(ワンチーム)」「団結の力」である。
最後まで諦めずに挑戦しゆく姿勢に、日本の皆さんに、感動と勇気を与えてくれた。

団結の力は、5倍、10倍の結果を生む。
チームの輝きとともに、それぞれの底力が引き出され個性も輝く。
「笑わない男 稲垣選手」や「男の中の男 リーチマイケル選手」「ラグビー界のイケメン 姫野選手」等が一躍人気者に。

年の瀬、慌しい日々ですが、W杯で日本ラグビーが教えてくれた、最後まで諦めずにチラシをまき、これまでお世話になったお客様に丁寧にご挨拶していくことが、必ず次への結果に結びついていく。

年内、ご健康で無事故の業務をお願いします。

2_20191209150350859.jpg

1_20191209150348d24.jpg


新しい年に向かって「亀戸支社」が誕生

  • Post on 2019.12.02 09:30
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
亀戸は北に蔵前橋通り、南に国道14号線(京葉道路)が走る。
繁華街、オフィス街、商店街、住宅街と多様性に富んだ風情ある街並みである。
東京都からも、隣りの錦糸町とあわせて「錦糸町・亀戸副都心」の指定を受けている。

亀戸の由来は、もともと、この地は海の中の島であり、島の形が亀に似ていたところから「亀島」といわれていた。
その後、周辺の土砂が堆積し島が陸続きになった。亀島は亀村に。
近くに臥龍梅園があり、そこに滾々と清水が沸く古井戸があり、亀村の古井戸が、時の流れとともに「亀井戸」、「亀戸」になったといわれている。

亀はもともと中国の文献では「神聖」なものとされ、「吉兆」「長寿」とあがめられ、縁起のよいものとされている。
また亀戸には「亀戸天神社」があり、学問の神様といわれている菅原道真公が祀られている。
東宰府天満宮としても歴史がある。
いまでも受験生が合格祈願に参詣する人も多く、合格した方が、その御礼に池に亀を放った故に、多くの種類の亀が存在している。
このように吉兆をもたらし、縁起のよい、長寿をお祝いする街に「亀戸支社」が誕生。

まもなく師走、年末は、お客様へのご挨拶、忘年会や今年一年の健康、活躍を讃えあう多くの方々との交流の時でもある。
「原点回帰」のいま、自らの仕事をアピールし、チラシをまき、亀戸支社誕生の縁から、エージェントの皆様に幸せの師走、そして明年は「吉兆の年」にしていきたい。

1_2019112515060449e.jpg 2_20191125150605dcf.jpg
臥龍梅園の梅             亀戸天神社の太鼓橋

アソシエーター11月度第2回研修会開かれる

  • Post on 2019.11.26 09:09
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
11月22日(金)午前と午後、2回に分けて研修会が開かれました。
午前には7名、午後には10名が参加。
一段と寒く雨の中ではありましたが、皆さん嬉々として本社に集われ活発な研修となりました。
新宿新都心支社の植村支社長代行から、ご自身の経験談を話していただき、多くの質問にも答えていただきました。
この研修会では、不動産仲介の学習ということで行っていますが、教科書を学習する座学ではなく、経験豊富なエージェントの方が経験に基づく実践的な話をしていただきアソシエーターの方々が自身の活動の触発に役立たせることを目的としています。
今回は、元付獲得のためにチラシの配布活用と物件所有者にお会いすることの大切さを自身の経験の上から語っていただきました。
アソシエーターの方々からは、数々の報告、質問がなされ活発な研修会となりました。
アソシエーターの皆さんが、一日も早く成約まで
勝ち取られんことを願っています。

3_201911260909070a4.jpg

ネットの時代 人をつなぐ新たな店舗開発を

  • Post on 2019.11.18 15:12
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
いまや文化的な生活にネットの接続は欠かせない。ネットは人と社会との接続。いつでも、どこでも、社会に発信し、社会とつながる。それが今の社会における最低限度の健康で文化的な生活になっている。またネットでの拡散はスピードが速い。また衰退も速い。この中で、どういう店を提供し、どう街を活性化していくか。新たな店舗開発がもとめられている。

また今の世の中は「ちょっと美味しいもの」「ちょっといいもの」「楽しいもの」「面白いもの」等、お客の心をくすぐるものにニーズが集まっている。ただお店を出店すればよいということではない。そこに何か、新しい付加価値がないと人は集まらない。

「DEAN&DELUCA」。このお店は、お客様に買い物を楽しんでいただくために、世界の中の美味しい食べ物を集め、食べる喜びをお伝えする商品が並べられている。

「SWEETS BOX」も「駅ナカ、駅チカのお菓子の宝箱」として全国の有名ブランドのお菓子を期間限定で楽しめる専門店。各地で人気のあるスイーツ・銘菓が週替わりで手に入れることができる。そこに人の行列が始まる。

デパ地下でも「全国銘菓百選」に人気が集まり、売上げを伸ばしている。

こんな店が商店街に出店したら、人が集まりそうだ。街も活性化するし、人との交流も始まる。ここにこそテンポアップが目指している企業精神・企業文化がある。世間の変化のスピードは速い。従来の手法だけで仕事をしていれば乗り遅れてしまう。「どうすれば」「何をすれば」よいのか。知恵を巡らし、人の心をかきたてるような新たな店舗計画を発信していく時がきている。

七五三詣でに行ってきました

  • Post on 2019.11.11 09:30
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
本社総務部です。
先日、近くの神社へ娘の七五三詣でに行って参りました。
テンポアップにお世話になり始めた頃は2歳だった娘。
私のテンポアップでの歴史も長くなってきたことを感じます。

入社した頃は首都圏のみに14支社だったテンポアップの支社も、
今では1都2府8県にまたがり、38支社にまで増えてしまいました。
本社総務も6名から14名に。
テンポアップは、まだまだ成長し続けるのでしょう。
私たち総務は、猛暑の中、風雨の中、寒い中でも日々頑張っているエージェントさん方を支える、
縁の下の力持ちとして頑張って参ります。

2_20191106101118e3a.jpg

△ Move to top of this page