FC2ブログ

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

リース店舗(?)

  • Post on 2018.05.28 09:37
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
店舗賃貸の仕事を続けているといろいろなケースに遭遇し取引の様々な実態に関する知識や経験を得ることは大きな楽しみです。

実際の契約に至ることでより正確で現実の実態に接することができ、その件数が多くなればなるほど知識や経験の深さと広がりの質を高めることができます。
これば単に知識や経験だけではなく契約に至る過程で関係する異なる立場の多くの人と接し、その発言、考え方、個性、経験、知識、人生、そして時には意外な反応などから多くのことを体験することができます。
自分自身も契約に至るために必要となる取引上の実態・慣習、行政手続き、借地借家法、宅建業法、契約形態、建築基準法・消防法上の規制、税務面、経理面等多くを調査研究あるいは勉強することになります。

残念ながら契約に至らず実際の契約書の最終形を確認できなかったのですが、新宿歌舞伎町の物件でリース店舗と呼ばれるものがあることを知りました。
店舗賃貸は基本的に建物賃貸借契約と理解していましたのでリース店舗の意味がよくわからずオーナー様に尋ねましたが、居抜き店舗との違いが十分理解できませんでした。
これまで居抜き店舗はいくつかの経験があり、いずれの場合も内装造作は無償譲渡、引き渡し条件(入居時)は現状有姿、明け渡し条件(退居時)はスケルトンでスケルトン状態への原状回復義務が借主にあるものでした。そして契約は普通の建物賃貸借契約です。

さて、リース店舗ですが、オーナー様に念を押して借地借家法に基づく賃貸借契約であることを確認しました。
そして私なりに調べてみたところ、建物は建物オーナーと賃貸借契約し、内装造作はリース会社とリース契約するとの解説を発見しました。
新宿歌舞伎町の物件の場合、内装造作も建物オーナー様の所有物であったので、おそらく建物賃貸借契約とリース契約をミックスしたような契約書になるのではと想像しています。
そして、引き渡しと明け渡しは同じ内装造作付き条件で内装造作の明細書が添付されるものと思います。

保育所の案件にも取り組んでいます。
都心案件では対象となる敷地が稀有なことから敷地の上に新たに保育園用の建物を建てるケースは少なく、たいていは既存建物のフロアが対象となっています。
利用面、条件面で有利な1階物件は件数が少ない上賃料が高額となるので対象になりにくく、2階より上の物件が対象となるケースが多いのですが、避難経路の問題等から通常3階くらいまでで、大宮の案件で5階で成立した例が1件あるようです。
ただ、保育園は他のテナントとの関係等で賃貸人が拒否することが多く対象物件を探すことは容易ではありません。
実際、浦和の2階物件で避難階段設置位置でオーナー様の了解が最終的に得られず流れたケースがあります。
そんな中、現在、台東区の物件で4階のものをトライしています。
事業採算上十分な収容人数の図面が引けるか、2方向階段で階段のピッチや異なる道路への接続は確認できましたがその他避難経路で消防がOKをだすか、1基しかないエレベーターの必要な改修がボックスの取り換えなしでまた夜間作業だけで可能か、検査済証に代わる記載事項証明書と現存する図面で行政建築担当の承認が取れるか、そして、最後に補助金をだす行政担当部署の承認が得られるかなどクリアーすべき課題が少なからずあります。

どの案件もいろいろな課題に直面しそれらすべてがクリアーできて初めて契約に至るわけですが、とりわけ保育園案件は成約までのハードルが高く、その分成約に至った時の喜びは関係者全員ひと際大きいものと想像します。



関連記事

『第4回 店舗開発交流会』 開催

  • Post on 2018.05.23 13:17
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
2018年5月18日
先日、当社の首都圏開発本部‟The FLAGS(フラッグス)” のイベントルーム
「STUDIO FLAGS(スタジオ・フラッグス)」にて店舗開発交流会を実施致しました。

当社のコマース・リアルター(事業不動産仲介プロフェッショナル)達と
大手ナショナルチェーン店本部の店舗開発部の皆様との親睦と情報交換の機会の場です。

当日は、店舗開発各社の今後のご出店計画をプレゼンテーションいただき、
共有させていただきました。

今回は、店舗開発部の皆様と、当社のコマース・リアルター、合計51名での開催でございました。

これからも店舗開発交流会を充実発展させて行きながら、
店舗開発の皆様にお役立ち出来る様、社員一同事業に邁進して参ります。


店舗開発の皆様、どうぞ次回の店舗開発交流会にご予約ください。

社員一同、喜んでお待ち申し上げております。


IMG_2669.jpg

IMG_2663.jpg



関連記事

みなとみらい散策

  • Post on 2018.05.22 10:29
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
2年後には大きく変わる横浜新市庁舎近くを歩いてみました

20180521 1

建築途中の新市庁舎・アパホテル&リゾート・58階建高層マンションザ・タワー北仲です。

こんなマンションに住めたらいいですね   ちなみに即日完売だそうです。

20180517_050905782_iOS.jpg



関連記事

リフレッシュして頑張ります!

  • Post on 2018.05.14 08:16
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
こんにちは。横浜本社 瀬戸です。

新緑の美しい季節になりました。
いかがお過ごしでしょうか。

日ごろ、皆様には大変お世話になり、感謝しております。

今年のゴールデンウィークも、どこも混んでいたとのことですが皆様は何処かへお出掛けになられましたか?

私は、有り難いことに間で仕事が入りしました。
ご用命、ありがとうございます。

大型連休とはなりませんでしたが、ドライブをしながら温泉に入って来ました。
奇跡的に道もあまり混むことなく、天気にも恵まれ、気持ち良く楽しめました。

心も体もリフレッシュさせていただきましたので、また仕事に励みたいと思います。

ご用命あれば、是非お声がけ下さいませ。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

20180514瀬戸



関連記事

美容室「メゾン ド シャルトッテ」オープン     

  • Post on 2018.05.07 17:31
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
  
本社営業推進室・室長の安斎広重です。

先月下旬に、U様が美容室「メゾン ド シャルトッテ」をオープンされましたので、
ご紹介します。 
 
   
完全予約制なので、カット・シャンプー とも1台ずつ。


カット


シャンプー


落ち着ける、素敵な空間に生まれ変わりました。

トイレ


室内写真

待ち合い


メゾン ド シャルトッテ  各線「横浜」駅(西口)徒歩8分
横浜市神奈川区台町17-6
台町・森ビル2階



本社 営業推進室
安斎 広重    


関連記事

東海道五拾三次 戸塚宿

  • Post on 2018.05.07 08:30
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
私は現在、横浜市戸塚区戸塚町に居住しています。

この町は東海道五拾三次の起点・日本橋から約42kmの所にあり、当時江戸・京都(492km)を13日から15日で旅をする人が江戸を出発して一番目の宿泊地として宿を求めたのが戸塚宿で、江戸より5番目の宿場町として栄えました。

江戸時代に歌川(安藤)広重が東海道五拾三次にあわせ浮世絵を表しましたが、ご存じの通り東海道の53の宿場町と基点である日本橋、京都三条大橋を含めた55枚の浮世絵版画がもとになっています。

この浮世絵の「戸塚宿」のものには、実は2枚の浮世絵が存在することをご存じですか?

JR戸塚駅地下コンコースに飾られているもの(①)が、初代広重の初版のもので、「こめや」の前で旅人が「馬から下りる」構図のものです。

戸塚駅H3057
初版①


この「東海道五拾三次の内 戸塚 元町別道」があまりにも好評で増版を重ねた結果、版木が擦り減ったため、新たに版木がつくられました(②)。

再刻版H3057
復刻版②


この新たにつくられた浮世絵は旅人が逆に「馬に乗る」構図のものとなり、戸塚宿の浮世絵は2つの構図のものが存在することになり、現在に伝わっています。

                                 岡田 記
関連記事

ザギン9丁目

  • Post on 2018.05.01 08:45
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
 東京を代表する商業地はどこでしょう。若者には渋谷や原宿、芸能系や駅乗降客数なら新宿、昔から公示地価で高いのは銀座、映画を見るなら有楽町、一つに絞るのは難しそうです。先日、オーナーさんのハンコを頂きに銀座へ行きました。

180501(1).png

 30年以上前、新卒で働いた会社で最初の仕事が銀座・京橋・日本橋の全てのビル・部屋に飛び込むこと。半年間、毎日40~70室に飛び込んだでしょうか。半年後にはリストができあがり、町にはどんな業種の会社がどれだけあるか町のいろいろなことがわかりました。

180501(234).jpg

 変わりゆく町において、まだ変わらない建物や風景もたくさんありました。弊社の協力会社、高松建設さんも昔と同じ銀座一丁目で同じ看板でそこにありました。


 著名人・有名人にもこの地で事務所を構えている方々がいらっしゃいます。印象的だったのは銀座で飛び込んだ事務所から映画の水野晴郎さんが出てきて、親切にいろいろお話をして下さったことです。私も映画好きなので興味深かったです。MEIDI-YAさんのビルを下りると地下鉄「京橋」駅、駅ホームのベンチではよく小森のおばちゃまと並んでおしゃべりしました。今はもうお二人とも天国へいらっしゃいました。天国と言えば、銀座の天国。「今日の接待は天国だぞっ!」何も知らなかった私はどのような素晴らしいお店なのかドキドキしたものです。銀座で有名な天ぷらの老舗「天國(てんくに)」は、週末ともなると政財界の著名人が御曹司やお嬢様とお見えになっていました。

 180501(56).jpg

 その日の夕刻、私の体は天國の天ぷらより「小諸そば」の「かき揚げせいろ」を欲していました。昔4年間、週3~4で営業の帰りに寄った私のエネルギー源であり細胞の一部となったものです。東京中の駅に小諸そばがあったことに感謝します。わさびはちょっと多めに。「んー、かき揚げせいろ、最高ーっ!」立ち食いそばにあって、そばつゆと天つゆは別なのです。

180501(7).png



 銀座は8丁目まで。8丁目と新橋の境目辺りには「銀座9丁目」を語るお店が何軒かあります。「銀座」ブランドで得られる恩恵はどれほどなのでしょう?


180501(8).png

銀座(京橋・日本橋)は私にとって新米だった頃のホロ苦い記憶を思い出させるセピア色の町でした。(本社 特命開発室 竹野)



関連記事

△ Move to top of this page