FC2ブログ

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

自分の欠点を克服し世界のアスリートに

  • Post on 2019.06.17 09:28
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
陸上男子100mで20歳のサニブラウン選手が全米大学選手権で「10秒の壁」を破り、9秒87の日本新記録の快挙を。
サニブラウン選手は、自分の欠点の課題は「スタート」にある。
スタート直後に体のバランスを崩すとスピードに乗れない。
この欠点を改善するためスタートから最初の30m、体のバランスが崩れないよう課題の克服に努めてきた。
その結果、序盤からスピードに乗り、得意の中盤以降で一気に加速する。
このスタートの進化が「10秒の壁」を破る原動力になった。

人間誰しも欠点がある。
「やる気がでない」「勇気がでない」「粘り、執念がない」「話しがうまくできない」等。
その自分の欠点を見つめ克服することがマイナスをプラスに変え、人生の大きな転機になる。

エージェントの皆様も毎日、成約にむけてご尽力されておりますが、今一度、自らを見つめなおし、成約目標に向けて挑戦につぐ挑戦、努力につぐ努力、自らの欠点を克服する連続行動の中で「越えられない壁」を破り、オンリーワンエージェントに必ず変わります。
きょうも「雨ニモマケズ」の心で頑張りましょう。
関連記事

横浜駅西口五番街

横浜駅西口を出た左側にある繁華街を「西口五番街」といい、若者が集う場所として、いつも活気に満ちています。

20190617岸1

先日も、某TV番組で紹介されたエリアです。
飲食店をはじめ、ゲームセンターやアニメ関連ショップ等、レトロな雰囲気の店が立ち並ぶ場所です。

ここの商店会が出来て50年を超す歴史になるそうです。

多くの商店が入れ替る中、今では随分家族向けになりましたが、未だに昔の雰囲気を残しています。
その昔は駅近でもあり、大人の社交場がひしめき合う夜の繁華街として栄えていました。
母親たちが「子どもには絶対に近寄らせたくない」という程の大人向けの繁華街でした。

五番街は時が経つにつれ、大人の男性のパラダイスから、あらゆる年齢層にとっても安全に楽しめる街へと変貌してきました。

寿司、お好み焼き、焼き鳥、おでんなど様々なお店がランチを提供することでサラリーマンや家族連れを呼び込む等、営業努力もあって徐々に客層が変わり、現在に至ってます。
それでも、ディープな横浜を求める人には、お勧めのお店も未だ健在です。
昼から呑めるお店もありますから「ちょい呑み」するには、いい場所かも知れません。

それと、ここが有名になったのは1973年にリリースした曲「五番街のマリーへ」のヒットによるそうです。
歌って、すごい力を持ってますからね~!

今回は横浜駅近くをご紹介させて頂きました!

20190617岸2


特任開発室  岸


関連記事

「菖蒲」花盛り 仕事も「勝負」

  • Post on 2019.06.10 11:11
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
久しぶりに同窓会で堀切菖蒲園にいった。
菖蒲園は私が育った懐かしい地。
6月には毎年「菖蒲まつり」「パレード」が、8月には「お化け屋敷」「夜店」等、多くの人が賑わい楽しい憩いの場である。

そんな菖蒲園の歴史は古い。
一説には1661年、堀切村の小高伊左衛門が、全国各地の花菖蒲を収集し、庭で育てたのが始めとされている。
堀切の花菖蒲は、江戸時代の絵師・歌川広重、鈴木春信などの浮世絵にも描かれている。

敷地面積は7700㎡。
花菖蒲は200種、6000株。
今年は「菖蒲まつり 40周年」。
園内には「十二単衣」「酔美人」など希少の品種が多い。
なかでも人気投票の「東の横綱 春の海」「西の横綱 水の光」は圧巻。
いま庶民の街に花と緑のオアシスとして静かなたたずまいを見せている。

「菖蒲」の花言葉は「信頼」「希望」「優しさ」等、皆に夢を与えてくれる花といわれている。
また「菖蒲」の語呂から「勝負」ともいわれる。
6月後半、「菖蒲」にちなんで「人生も勝負」「仕事も勝負」、成約への情熱をたぎらせ、粘り強く頑張ろう!

1_20190610110852d0a.jpg 2_201906101108517ac.jpg
関連記事

エージェントさんご紹介!

こんにちは本社営業部のミランダです。
ついに6月、梅雨の季節がやってまいりました暑いのも、蒸し暑いのも苦手~~~です

4月&5月に、本社営業部にも数名ご入社されました。
遅くなりましたが、まずはご紹介「第一弾」です


佐須 学(さす まなぶ)さん

小田原市出身で、脂の乗った(お腹にも)50代。

趣味は、ツーリング、サイクリング、釣りとアウトドア派です
155ccのバイクで、対馬・壱岐まで行ったそうですよ

そんな佐須さんよりひと言
「前職(建設関係)の営業経験を活かし、事業用不動産の取引を通じて、地域社会の活性化に貢献したいと考えております。よろしくお願いいたします。」

佐須さんの活躍に期待大です



関連記事

アジサイの季節 小さな情報から大輪の成約へ

  • Post on 2019.06.03 09:20
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
いよいよ6月です。
テンポアップ「第11期事業」も余すところ3ヶ月、最終ラウンドに。
競馬でいえば第4コーナーを周り、最後の直線コースに。

街中を歩いているとアジサイのまだ小さな花が見られます。
これから季節の変化と風をとらえ、雨の恵みを得て小さな花が次第に集まり、大輪にと変化し、紫、白、ピンク、グリーン等の花を咲かせ、見る人を楽しませてくれます。

ある学者は
「毎日の多忙な中で、3分間立ち止まって、咲いている花を見てはいかがですか。
3分間花を眺めていると、精一杯咲いている花の心、花の勢いが感じ取れるものです。
そこから、みずみずしい新しい活力と生きる勇気が沸いてきます。
その変化の心を花は教えてくれます」
と。
アジサイの花言葉は「家族」「仲良し」「辛抱強い」「元気」といわれています。

弊社の仕事も地道で粘り強い業務、また小さな情報がヒントで大きな成約につながることもあります。
変化の風をとらえ、元気で、辛抱強く業務に徹していくことが見事な大輪に。
6月も街に出て、アジサイを眺めながら、元気に、粘り強く、頑張りましょう。

1_2019060309200076f.jpg


関連記事

△ Move to top of this page