FC2ブログ

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

祝 中華料理 向陽飯店 戸塚店 3周年!

本社特任開発室の山岸です。

JR戸塚駅東口徒歩13分の、中華料理 向陽飯店をご紹介致します。

20200330山岸外観
20200330山岸地図


こちらの店舗は5年前の初契約で、居酒屋さんから中華料理店に居抜きでご契約して頂いた店舗でした。

今回その中華料理店さまが東京に移転することで、新たに向陽飯店さまにも居抜きでご契約頂き3周年を迎えました。

向陽飯店さまは平塚を本店に、辻堂・茅ヶ崎・厚木と本格中華料理を宅配し県内に5店舗目を出店となりました。
もちろんお店でも、ランチが670円からと非常にリーズナブルです。

20200330山岸メニュー12
20200330山岸メニュー34

すぐ北側にはイオンスタイルが今週オープンですので、お買い物の際には是非ご利用下さいませ。

また1階のお隣には、これまた私が契約頂きましたコインランドリー店もございますので、お布団などの大型なお洗濯・乾燥にご利用下さい。

20200330山岸コインランドリー


関連記事

TVを見て想ったこと

コロナウイルスの猛威により、日常生活のリズムが変わってきている。「密集」「密閉」「密接」の三密を避けることが大事と専門家が言う。人が集まるところは避ける、締め切った空間には長く入らない、人と近い位置で接しない ―― 生活のリズムや習慣を変えざるを得ない。

まして、世界の多くの国が行っているように、外出禁止やら生活必需品以外のお店が閉鎖、出勤を控えるなど行われたら、じっと家で閉じこもっている「一億冬眠ならぬ巣ごもり状態」になってしまう。

こうした変化は、私も家でTVを見る機会が多くなった。先日もNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という番組を見た。ゲストの役者・市村正親と鶴瓶が岡山県美作市でぶっつけ本番の交流と対話を行う姿が映し出されていた。その中で「日本人の心」--人の好い、穏やかな、何気ない日常の中に幸福があり、平和な社会があることをしみじみと感じた。都会に住む私たちが忘れかけている平凡な暮らし、日常当たり前の中に幸せがあることを。自身の立ち位置を確認し、毎日の営みを着実に前進させていく中に成長があり、その行為そのものこそが自身にとって大切なことと感じ入った

今、周りの世界は嵐であったあり、変化を余儀なくされているが、落ち着いて、自分は何をすればよいか、こうした時に一度立ち止まって自身の生活を見直してみることも大事なことではないだろうか。TVを見ながら、そんな時間を過ごした。


関連記事

嵐を乗り越えよう

  • Post on 2020.03.23 14:04
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
コロナウイルスの感染拡大が続いています。
「不要不急の外出はしない」ことから、経済も下火となり厳しい環境を迎えています。
政府も中小企業、フリーランスや飲食業の方からヒアリングを行い、早急な経済対策を打とうとしています。

当社も、この嵐に巻き込まれながらエージェントの皆様は、毎日、ご奮闘して頂いております。
お客様にお会いすることが厳しい中、チラシをまき、知恵を巡らしながら、新たなお客様の開拓に、業績向上に必死に頑張ってくださっております。
まさにエージェントの皆様に感謝、感謝の思いです。

ある哲学者は「不安、混沌の中から新たな希望がうまれる」と。
別の視点からみれば、この時こそ、従来の仕組みが瓦解しはじめ、新しい枠組みが出来上がるチャンスでもあります。
どうか、嵐は暁を迎える時ととらえ、今できることに挑戦を!
エージェントの皆様 「ウイルスを寄せ付けない」との心で予防をしっかりと行い、この嵐を乗り越えていきましょう。

1_202003231353275a8.jpg
第一の波から第二、第三の波、最高潮の荒波が「第九の波」
この波を乗り越えた時に暁に包まれた世界に変わる

関連記事

アソシエーターは意気軒高

コロナウイルスの感染が猛威を振るっている。
国民は脅威を与えられ、イベントの自粛、集会や宴会など日常の楽しみさえも奪われている。いつまで、このような状態が続くのであろうか。

『正しく恐れる』この箴言は、随筆家・寺田寅彦が残した言葉である。
浅間山噴火について書かれたエッセーの中で「ものを怖がらなさ過ぎたり、怖がり過ぎたりするのはやさしいが、正当に怖がることはなかなか難しい」から生まれた言葉だ。

今、私たちが挑戦を受けているウイルスに対し、応戦していく方途は、日常の自身の周りからできることをきちんとしていくことである。

このような騒々しい社会の中にあって、アソシエーターの皆さんは意気軒高である。
去る2月28日には、定例の研修会が午前と午後に本社で行われた。「体調の悪い方は無理して参加しないように」「参加の際はマスクの着用」「入室の際には手を消毒」「隣との席との空間をあける」などと、最大限の配慮をしたが、午前、午後共に多くのアソシエーターが参加した。経験豊富なエージェントの方の講義を聞き、活発な意見交換がなされていた。

業務の成績も着実に上がってきている。未だ結果が出ていない方は、今度は自分だ、と意欲に満ち溢れている。
それは毎週のレポートに顕著である。
コロナウイルスによる世界的規模の経済不安と不景気感漂う昨今、アソシエーターの皆さんの賢明な努力に期待したい。

挿絵


関連記事

飲食店舗の居抜きサブリース

  • Post on 2020.03.03 16:50
  • Categry : 横浜本社
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
昨今、飲食店のオーナー様より相談をお受けすることが多くなりました。

お話をお伺いしてみると、自己所有の店舗で飲食店を営んできたが、ご高齢で
お店を続けていくことの悩み、後継者が居ないことの悩みなど将来に向けた不安
が大多数です。


当社では現在、店舗のサブリースに注力しています。
特に居抜きの店舗を家主様よりマスターリースするケースが増えています。

必ずしも駅前である必要はございません。
小さいお店も大歓迎です。
現状の設備を生かして、居抜きの店舗としてサブリースをさせていただきます。

どんなことでも結構です。
ご相談をお待ちしております!

blog.jpg




関連記事

△ Move to top of this page