FC2ブログ

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

人生100年時代で何が変わる?


人生100年時代は本当に来る?


昨今、しきりに人生100年時代という言葉を耳にします。確かに100歳を超える方が現在7万人を超えていますが、日本人の平均寿命は男性81歳、女性88歳ですから、いきなり人生100年と言われてもピンとこないかもしれません。しかし、医療の発達などを考えあわせると、今現在30〜40歳ぐらいの方の平均寿命は本当に100歳に届く可能性があるのです。さらに、健康寿命を伸ばそうという掛け声が高くなっています。これは超高齢化社会にあって、社会全体の維持のために必要だからでもあります。

今の社会保障制度は人生50年の頃の制度がベース


終戦後まもなくの昭和22年の平均寿命は50歳をやや超えた程度であり、現在の年金や定年の考え方、社会保障の仕組みはこのころのものがベースとなって徐々にバージョンアップされてきたと考えられます。なので現時点でもサラリーマンの定年は65歳、規定の退職金を受け取って年金生活ということになります。それが人生100年時代に向かっているというのですから、それなりの企業に長く勤めて、十分な退職金をもらった方であっても、その後の30年以上を貯金と国民年金や厚生年金だけでやっていくのは大変です。

働き方改革から稼ぎ方改革へ


2019年に働き方改革が法制化されましたが、もはや、時代は一人一人が稼ぎ方を変えていかなければならない、70歳でも、80歳でも90歳でも働くという選択肢を持っていないとやっていけないと考えるべきでしょう。
そのためには健康も大切ですが、何よりも働くスタイルを変えていくことが大切です。法律に守られた受動的な働き方だけにたよらず、自分の力で稼ぎを生み出す能動的な稼ぎ方をスキルとして持つべきなのです。

fujio01.jpg

単純に作る、売るという発想から離れる


2020年に起きたコロナ禍の影響もあり、製造業も物販も一部を除き稼げるビジネスは減っています。加えてICT、AI時代が進めば、人間の活躍の場は減っていきます。マーケットも激変します。おそらく10年後の自動車業界は今とは全く違ったものに変わっているでしょうし、店舗は無人販売が増えていることでしょう。
そうした時に僕がこれまで扱ってきた商業不動産というものがどうなっていくかを考えました。コロナ禍の渦中にある現在は空き店舗が増え、オーナー様もテナント希望者様も難しい決断を迫られる状況です。これを逆の発想で見ると、僕たちにはこれから溢れるほどの商材を得ることができるということにもなるのです。そして、行うのは、単なるものづくりでも、販売でもありません。不動産仲介は、まさに目には見えない質の良い情報と信頼を提供するビジネスであり、これは年齢に関係なく20代でも80代でもそれぞれのやり方でできる仕事です。

ビジネス自体を創って稼ぐ


僕たちの会社では、今、さまざまなアイデアを実現させ、今までにない不動産活用を考え、新しいビジネスモデルを作っています。単なるオーナー様とテナント様を結びつけるだけでなく、双方の皆様に、ビジネスのノウハウ自体を提供することを始めています。まさに仕事を創って、増殖させ、それで稼ぐというスタイルに移行しつつあります。こうした思考が年齢も性別も超越した稼ぎ方改革の基本であり、好奇心の強いものがち、そして早い者勝ちの世界であると考えます。



関連記事

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://tempoup22.blog.fc2.com/tb.php/662-36369e2f

△ Move to top of this page