FC2ブログ

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

創業・テンポアップの歴史

激動の2020年も幕を閉じ、振り返ると、12年前に起業した年も、今年と同じ子年でした。干支で言えば、ちょうど一回りし、今年は、新たなスタートラインに立つ年であろうと思います。
この間、新しいエージェントが多数誕生し、専業・兼業・在宅と働き方も多岐に渡りへ変化しております。
急速に変化する時代に対応し、この機会に改めてテンポアップの原点を確認し、理念・歴史について書き綴りたいと思います。


―私のエージェントへの挑戦―


会社立ち上げ前の2年、私は某企業の不動産部門に「エージェント・システム」を提案し、第1号のエージェントになりました。
当時は、戸建ての売買・賃貸を中心に商売を行っている不動産屋が大半で店舗に特化して営業しているところは、ほとんどありませんでした。
繁華街や商店街、オフィスがひしめく街で、店舗仲介を専門とする仲介事業は、必ず成功する、と確信しました。
私は、宅建士の資格もなく、不動産取引の経験も皆無、専門用語もわからない中で、店舗仲介事業に携わることとなりました。
成約する度に一つ一つ不動産用語を学んでいきました。
そんな私を見て、多くの方々が「加藤さん! 失敗するよ」と心配してくれたことを記憶しています。

取引に欠くことのできない在庫商品ともいうべき「元付(家主)」を獲得するために「チラシ」を手作りしました。
「店舗貸したい人、店舗借りたい人、店舗売りたい人、店舗買いたい人、連絡ください」といった簡単な文言で、電話番号・名前入りのチラシを作りました。
2年間で、40万枚くらいは撒いたと思います。会社に電話が入ると、携帯電話のない時代でしたから、当時の主流であったポケットベルで呼び出してもらい、お客様と商談する、といった具合でした。

そんな日常の中で、一番苦労したのが、契約書の作成でした。
当時は、店舗仲介の書類が整っていなかったこともあり、一般的に使用されていた戸建て家屋の帳票類を活用していました。
例えば造作譲渡と言う書面ではなく「権利譲渡契約」と言うものを使用していたものを「造作備品譲渡契約」に書き換えたと記憶しています。
一事が万事で、未開の荒野を開拓する気概で取り組んでいきました。

また、チラシ撒きの最中、警察官に不審者扱いされ、事情を話すと、「気を付けて撒いてください」と励まされたことも、横浜から山梨に程近い津久井湖までチラシ撒きに行ったことも、今では懐かしい思い出になっています。

私が、手作りのチラシを撒いて情報収集した当時と違い、今では、テンポアップには、PC、チラシ、システム等、営業環境が整っています。
また、テンポアップという知名度も世の中に浸透してきました。
私が、エージェントの皆さんに語りかけたいことは、現在の環境に甘えず、開拓精神を持ち、意欲を持ち大いに稼いでほしい、否、稼げるはず、と言うことなのです。

今回のコロナウイルス感染症拡大に伴い4月に発出された緊急事態宣言により、経済的な大打撃を受けた商店街や繁華街の店舗が目の前にあります。
コロナ感染をきっかけとし断腸の思いで撤退され、空室となった店舗を放置はできないのです。
誰かが、テナントを入れ街の明かりを再点灯させなければならない役割があるのです。
そう考えると、店舗仲介は、時代の変化とともに並走しながら社会貢献できる大変にやり甲斐のある仕事と思います。

私は、1993年、店舗仲介を専門に行う日本ソフト店舗と言う会社を立ち上げました。この会社で「エージェント制度」を導入し、15年間経営してきました。
日本ソフトテ店舗は、私が、体調を崩し、第一線を退きました。
その後、体調が回復した半年後、私が66歳の2008年10月に株式会社テンポアップを創業しました。
テンポアップでは、スタートから私のエージェント時代に構築したノウハウをモデルに事業の基盤を築き、今日に至っております。
66歳からのチャレンジは、年齢に関係なく、体の自由が続く限り働き続けることが可能というメッセージを多くのエージェントの皆さんに届けられれば、望外の喜びとするところであります。


関連記事

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://tempoup22.blog.fc2.com/tb.php/689-b7e4c95b

△ Move to top of this page